Saitama Pref

【現地レポ】川口 喜楽湯|レトロ可愛く進化した地域密着型銭湯!ただの銭湯と侮るなかれ!若者のアイデアが光る、平休共に430円のコスパ最強銭湯!…ただ…老朽化には勝てないよなあ…。

(3)

埼玉県は川口にある銭湯「喜楽湯」どこか懐かしい昔ながらの銭湯は、
若者たちの手によって現代風に進化した!!

昔ながらと現代風!
雰囲気さながら古民家カフェ!

銭湯文化の入り口はここで決まり!

現地レポです!!

【速報】泉天空の湯有明 6/1!有明ガーデン4/24!料金2800円スバリ予想!3000m²の温浴施設は2階層?露天はありそう!国家戦略特区にオープン開業! 有明ガーデン泉天空の湯2020年6月1日に爆誕か? オフィスビルの雄! 住友不動産がついにショッピングシティを手掛けることに! ...
喜楽湯 入口のれんがかわいい入口

しっかり改築されながら、ちゃんと地域密着感が残っているのはいいことよね。

ちょっと不便な住宅街。でもそれもよさ。

普段はいわゆる「スーパー銭湯」ってやつによく行く私ですが、実は普通の「銭湯」ってやつもすごい好きでして。

旅行趣味も相まって
全国各地津々浦々
銭湯巡ってたりもしてるんですわ。

でも銭湯ってなかなかハードル高かったりするじゃないですか…??

多分それこそネットでこういう記事を見つけてくれる方とかにとっては結構そうじゃないですか??

少なくともちょっと前の私はそうだったんですが…

そんな時に出会って、その思いを払拭するまでしてくれたのが…

今回紹介したい「喜楽湯」!!

川口の中で一番古い銭湯ながらも、平成24年に改築が入り、おしゃれ銭湯として生まれ変わった面白い施設。

このHPとか見てもらえればすごい分かると思う。
めっちゃおしゃれだし、可愛くて、親しみやすい感じなんすわ。

本当に銭湯文化で育った人には受け入れがたいかもだが、
若者にはすごくなじみやすくていいなって思う。

【現地レポ】埼玉 スパロイヤル川口|微妙に和風なアジアンテイストのおしゃれスパ住宅街にひっそりとあるという感じで、初めて訪れるものにとっては、とてもわかりずらい場所にあると言ってもいいでしょう。見つけたときは、思わ...

立地はそんなによろしくはないかなあ…

川口駅と西川口駅のちょうど中間くらい。

どちらからも歩いて12分くらいか。

一応駐車場が3台分…
っつっても一台分は自転車でつぶれてますね。はい。←

こうなると車で来るのは現実的じゃないなあ…

やっぱり駅から歩くのが一番いいアクセスかも。
遠くから来る人は注意ね。

 

喜楽湯 外観外看板からもうかわいい。

外観は古民家カフェ的な。
すごい偏見でいうと、鎌倉にありそうな見た目。

いやでも普通におしゃれ。
レトロをうまく可愛いに昇華した感じ。
いいわね。

この雰囲気女子は特に好きなんじゃないかな…
私はとても好き。

周囲は完全に住宅街。
家しかない。

家と…あと「鋳物の街川口」らしく、工場もちょくちょくあるかなあ。

川口市の鋳物。
発祥は所説あるそうだが、江戸時代には広く根付いており、日用品から、寺社用品まで作っていたそうである。
戦中も弾丸等で大いに貢献した上に、生産量日本一の座までとっており、なかなかにすげえ。

喜楽湯周辺も歩くとまだ結構工場がある。
あと特徴的なのが、昔からのところだからか家が併設だったりするのよね。
この形は面白いなあ。

こういう工場とかって男子はどうしてもワクワクしない?←
しかも年季が入ってる上に、鋳物をああ使うからか、結構煤で黒くなったりしてて…

めっちゃ漫画の世界っぽいし、すっごいラスボス出てきそうでにやにやしちゃう←

え、わかるよね!?
この感覚!!←

そんな場所に立つってことで、車より自転車とか徒歩の、
おじいちゃん
おばあちゃん
家族連れ
が多そうな感じ。

実際外観撮ってるときに、出てきたのも入っていくのも、そういう人たちだったからね。

完全に地元の方に愛される銭湯って感じ。
素敵。

スーパー銭湯にはない、こういう密着感とこじんまり感すごく好き。

喜楽湯は1950年代から運営されていた、川口の中で最も古い銭湯
しかし先代が引退し、若手へと運営が変わり、平成24年には浴場と脱衣所を一新した。

現在喜楽湯を運営するのは、銭湯業界の活性化を目的とした取り組みである「東京銭湯」という団体。というか会社。

他にもウェブメディアを通して若年層への”銭湯体験”をサービスとし、銭湯をもう一度コミュニティとして活性化させることを目指しているのだとか。

なんか…面白いねえ…
銭湯という文化に目をつけて、そこからアプローチを続けるっていうのはすごく面白いと感じた。
確かに既存客だけでは衰退していくしかないからなあ…
ウェブを使っていろいろ仕掛けるのは、銭湯側にない視点だろうし面白いわ。

このブログと近からずも遠からずみたいなことだよね。
気になりますなあ…

もしよかったらHPとかも見てほしい!

番頭さんって大きいよね。

喜楽湯 券売機券売機の感じがまたそそる。

暖簾をくぐって入ると、下駄箱と券売機。

下駄箱もレトロでいい感じ。
コイン使わんのありがたい…地味に嫌なんよあれ…

あと鉄札抜き差しな感じの下駄箱なよね。
居酒屋のやつみたいな。

あの感じも…いいなあ…

 

喜楽湯 券売機POPこういう小さい気づかいがうれしいもの。

券売機はいろいろポップがついててわかりやすい。
見た目がはえるし、配慮がありがたい!!

ってか何より安さね!!
430円は優勝でしょ!!

小さいタオルなら無料だし!
バスタオルも80円!

何より特筆すべきは手ぶらセット」
ファイバータオルとか、ちょっといいシャンプーリンスとか、ダイソンドライヤーとか…
なにこのありがたいセット…

しかもこれで200円はやばい。すごい。価格破壊よ。

まあ今回は普通にバスタオル借りるだけなんですけどねーーー←

【2019年度版】タオル付き平日スーパー銭湯日帰り温泉入浴料格安順まとめタオル付きの平日安い順のまとめです。タオルがつくと、基本高いのですが、平日からそういうところにいける贅沢感はたまらないものがありますね。...

あとあれ。
仕組みとかいろいろ分からない人向けにある説明ありの入浴券
これうまいし、ありがたいよね。

この券種で判別できたら、お店側もいちいち説明する手間省けるし、客側も分からないこと気軽に聞けるようになるし。

双方にとってwin-winでしかないよね。
いい制度。

…なんだけど…

多分
何回か通った個人的実感
人によって愛想の良さの差が割とある

まあしょうがないといわれてしまえばそれまでなのだけど、
ちゃんといろいろ気にかけてくれる感じの人もいれば、
割とさらっと流す人もいる。

番頭さんってさ…大事だよねえ…

そんな番頭さん(今回はめっちゃ雰囲気いい人だった)に、
靴のカギを渡し、代わりにタオルと脱衣ロッカーの鍵をもらう。

脱衣ロッカー指定式はありがたいわ。
しかも空いてる時はちゃんと分散させてくれるし。

さて、いよいよ突入。

狭いし老朽化は目立つが、それも含めてたまらんのよ…

レトロと現代が混じる脱衣所

脱衣所は結構広め。

壁に大きな鏡。
小さな洗面台。
中央にベンチ。
古き良きロッカー。

THE昔ながらの銭湯。

かと思いきや、
ロッカーの扉が何個か外され人気漫画がおかれてたり
イベント等のPOPが貼ってあったり、
現代の色が垣間見える。

いいねえ…
融合している感じがなんとも…

 

ただ洗面所の少なさだけ気になるかなあ…

土日はそこそこ混むみたいだし、少し気になってしまった。

 

あと、どうしても老朽化というか、
年季入ってます感は否めないねえ…

気になる人は気になってしまうと思う。

まあそれもよさとは言えど…だよね。

一長一短だなあ。

まあまずはなにはともあれ風呂だと、
そそくさと準備を済ませ突入!!

あなたのイメージにある銭湯=喜楽湯

銀色サッシの硝子戸をあけて中へ…

うおおお…これは銭湯…

手前に洗い場が4列並んで、その奥に風呂。
作りがそのまんまイメージ通りの銭湯。

ただ奥の壁には可愛いポップな絵。
こういうところは現代なんだなあ。

喜楽湯 浴室内の絵浴室内の絵が外にも飾られていた。かわいい。

まずは洗い場で体を流す。

シャワーが固定になっているのが3列と、
ホースのシャワーになっているのが1列。

どちらもボタンの時間制限式ではなく、
自分で蛇口をひねって時間無制限で出せるタイプ。
これ…地味にありがてえ…

シャンプーやボディーソープは備え付け。

普段のスーパー銭湯より余裕持ってさっぱり洗えた…。

さて。
温浴系の内容としては、
白湯、ジャグジー、水風呂、サウナ
というシンプルでありつつ、欲しいものをすべて網羅した構成。

全体的に湯舟などは小さめ。

メインの湯舟も、4,6人でパンパン。

まあでもこのこじんまり感が何とも言えず…

いやあ…銭湯やなあ…

ファンタジーサウナ&スパ おふろの国 闇夜に浮かぶ赤い文字。建物自体は大きく見えない。
【現地レポ】おふろの国|アイデアと人で勝負!イベント盛りだくさんな施設!ちょっと狭いけどこのサイズ感のだからこその良さがある…!ファンタジーサウナ&スパ おふろの国 鶴見 横浜温浴施設激戦区、鶴見川沿いに構える三強が1つ 「ファンタジースパ&サウナ おふろの国」 ファンタジーという名前から漂う怪しい感じ...

まずは白湯

ここは昔から井戸水を薪で沸かすスタイルを貫いているとのこと。

これを読んでいるそこのあなた…
薪で沸かしたお風呂に入ったことがありますでしょうか…??

入ったことがないならぜひ入ってほしい…

なんかね…お湯がやわらかいような感覚がするんですよね…

腕の通り方というかなんというか…

沸かし方でそんな変わるわけねえだろ…って思っているそこのあなた!!

とにかく一回!!体験してみて!!

 

次に特筆したいのがサウナ

ぎゅうぎゅう詰めで6人くらいしか入れないサウナなのですが、
あっついのよ。

いやあ…整うねえ…

ぎりぎりまで戦えるいいサウナですよ。

狭いがゆえに、より自分と戦える気がしてとても良い。

体験してほしいな…

ちなみに水風呂ちゃんと完備なのも良いことね。
銭湯だとたまあに水風呂ないとこあるから…必要だし、大事。

ぜひぜひご体験あれ!!

かるまる
【最速現地レポ】池袋 かるまる|薪サウナ始動!休日割増480!2980円安い?高い?新しい整え方の提案か?ビル型都市型の手本に!レディースデイ決定!Sauna & Hotel かるまる ビル型施設の最高最強を狙う!!!!西のかるまる!東のレスタ!スパ型施設池袋戦争か… 池袋西口から5分。西口を背に五差路まで歩く。交...

全体的にとにかくこじんまり最低限がまとまった風呂。

普段使いならこれくらいが一番な気がするわ…

テレビももちろんないし、
日常的にふらっと寄るには最高のリフレッシュスポット。

ただ…何点か。

 

まず老朽化。

まあ…見えるよねえ…
いくらリノベしたとはいえ、天井のボロボロ具合とか、
窓近くの長年の水分でやられた感じは、隠せない。

これも脱衣所と一緒。
気になる人は気になってしまうよなあ。というやつ。

個人的には、こういうのも含めて良さだと思っているから全然いいのだけどなあ…

まあ…きれいな施設でゆっくり…みたいな人は合わないかもね。

 

次は、常連の方のマナー。

やっぱりねえ…
地域密着型のところってどうしてもこれがネックになってるような気はする…

緩いルールで昔から使ってきた人はずっとその感じで使うだろうし、でもそれって結構今じゃよくないことだと言われていることだったりして。

新しいすそ野を広げていくべきではあるが、
今までのお客さんも大事にしないと経営的に難しいとか。

どこも難しいよね。

喜楽湯はその裾野の開拓のためにすごい頑張っているのが分かるからこそ
頑張ってほしいなあと、応援してしまうな…。

【現地レポ】天然温泉平和島|リニューアル!料金高め、食事は普通、癒しはないが、家族連れならおすすめ。お風呂の大画面TVはあれはないよね!リニューアル前はかなり老朽化が目立っていましたが…思いが通じたのか、リニューアルして帰ってきた、平和島温泉。 思い出の場所はリニューアルでどうなったのか…期待に胸を膨らませつつ、現地レポです。こうも長所、短所が入り混じる温泉は、採点が難しい。星2か。それでもリニューアル前より1個あげさせていただきました。...

休憩所ってこんなにインスタ映えな感じになるんですか??

さてお風呂から上がり出てくると、番頭さんのカウンターの前に4人掛けソファーがある。

まあここが休憩所って扱いなのだが…

喜楽湯 休憩スペースこの休憩スペースおしゃんが過ぎないか…??

おしゃれスポット過ぎませんかね…???

ちょっと…これはさすがに落ち着かないな…(白目)

まあでもこれもこれかとコーヒー牛乳を…と思いつつ販売棚を見る。

喜楽湯 ドリンク販売棚ビールが!ビールの種類が!多い!

おお!?何だこの品揃え!!

なかなか見ることの無い様々な銘柄のビール

シャワーの前にはこのビール!とかの貼り出しもあってなかなか面白い。

れいいなー…
ビール好き好きマンな私にはたまりませんな。←

 

ただ今日はコーヒー牛乳。
明治、150円。
明治のはちょっとコーヒー感が強いんだよね。大人な味。

なんだか
のんびりできるようなできないような
不思議な休憩所でしたなあ…

古民家カフェとかのおしゃれ空間でのんびりできる人にはいいかも。

おらぁ…田舎もんだから無理だぁ…←

口コミ~どっちをどうとるか…~

銭湯としてはちょっと異質な戦い方をする「喜楽湯」
世間的にはどう映るのか…
口コミを調べてみました!!

Google口コミ
Google口コミ
大人430円と都内より40円も安い。さらにサウナ無料、シャンプーやボディソープも設置されており、コスパよし! 手ぶらで寄れるが売りで確かに便利です。
一方、常連?のマナーが悪く、サウナから出て水風呂に潜るわ、周りに水しぶきあげるわで正直不快…まぁこれは銭湯側の責任ではないが…

→やはりコスパはすごい!!本当にこの料金帯じゃない…。ただ…常連の方へのあれはどうしてもありますね…

 

Google口コミ
Google口コミ
川口市には数少ない、いわゆる「銭湯」です。
朝湯の訪問だったので看板猫ちゃんはまだ出勤していませんでした。

やや規模が小さく開放感がないのと、古めの設備はマイナス要素です。

→ここ看板猫ちゃんがいるんです!!たたみちゃん!!ぜひ会ってきてくださいね!
そして…やはり老朽化か…

 

古くて新しい銭湯。番頭さんがかわいい。券売機に0円でお疲れ様です券を買えるので、それを持っていくと笑顔で感謝される。ロッカーの一部は扉が外されて漫画が詰められている。銭湯の中には、運動会のようなフラッグが取り付けられていて、全体的に明るい雰囲気。タトゥーや入れ墨不可の表示はないが、暗黙の了解なのか身体にお絵かきしている方々はいなかった。ただし、気になった点もいくつかあって、まず衛生面。井戸水使用な上、湯船自体は小さめで、お客さんも多い。またスーパー銭湯のように定期的に検査しているようにも見られないので、大丈夫なのか心配になった。あと、設備。上からペンキ塗りたくって隠れているが、天井に近いところの柱に大きくヒビが入っており、大地震が来たら多分崩れます。

→全体的に普通の銭湯よりは全然よいものの、やはり、老朽化など手が届ききっていない部分もあり…難しいなあ。

まとめ~老舗銭湯はレトロ可愛いを手に入れた!~

「喜楽湯」

50年以上続く老舗銭湯は、若者たちの手によって、
レトロ可愛いおしゃれなスポットに変化した。

さらにSNSなどを用いてどんどん進み続け、
新たな客層の開拓を続ける姿勢は、
これから銭湯が進む一つのメインロードになるかもしれない。

ただ新たなことを挑戦するときは必ず問題にぶつかる。

老朽化への対処。
今までの常連さんとの折り合い。

 

今までの銭湯文化と、

これからの若者のアイデア

 

銭湯という、なまじ歴史や文化が出来上がっているものだからこそ、
新旧の結び付け方というのは本当に難しいところだと感じる。

しかしずっと変化をしなければこのまま衰退してしまう予想もつく。

若者たちの銭湯文化への入り口として、
様々なアイデアで挑戦をする喜楽湯を、
私は応援したいと強く感じた。

【現地レポ】戸田・七福の湯|露天のTVが残念極まりないが、風呂は良い。混雑時には食事はそとでとるべし。リピーターできるお店。今回は少し遠征。戸田公園と川口の間にある七福の湯へ。 大きい駐車場があるので、混んでいない時間帯なら車が便利。駐車場待ちを避けるな...

おまけ

喜楽湯 物販コーナーオリジナルグッズとかいろいろあって面白い

オリジナルグッズも売ってた。
こういうのちょっとほしくなっちゃう。
かわいい。

 

喜楽湯 サインだらけの壁結構いろんな人がきてる…まあ珍しいものなあ…

サインがいっぱい。
こういうのちょっといいよね←

喜楽湯 SNSの宣伝どの媒体でどうヒットするかわからんからたくさんやってるのは大事

SNSをしっかりやってるアピ。
やっぱり今はSNSを制すると、時代を制せれるよなあ。

お風呂レポーター募集
温泉リポーター・ライター募集|温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をレポートしてくれるライター様を募集しております。未経験歓迎。経験者優遇。 温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をリポートしてくれるライター様を募集し...

店舗情報

店舗名
喜楽湯
レビュー評価
(3)
アクセス
〒332-0015
埼玉県川口市川口5-21-6


ホームページ
https://tokyosento.com/kawaguchi_kirakuyu/
電話番号
048-258-7689
営業時間
15:00~23:00(土日は朝風呂8:00~12:00あり)
定休日
第4月曜日
平日大人料金
430円 タオル
休日大人料金
430円 タオル
料金メモ
貸バスタオルは80円
【お店から】
喜楽湯は川口市でお風呂屋さんとして、1950年代から運営されており、川口の中でも歴史が古い建物です。
平成24年に浴室・脱衣場を一新。形を変えながらも、お風呂は今でも井戸水・薪を使っており、昔から変わらず川口の皆さまに愛されて来ました。
喜楽湯の大きな浴槽のお湯は冷めにくく、ご家庭でのお風呂より熱く感じるかもしれませんが、いつもよりカラダが温まること間違いなしです。
せっかくの入浴タイム、家族みなさんやお友達と一緒に同じ時間にお風呂にくつろいで入れるよう、銭湯ならではの魅力を喜楽湯は提供し続けます。
訪問履歴

1回目 2020/02/25
【現地レポ】川口 喜楽湯|レトロ可愛く進化した地域密着型銭湯!ただの銭湯と侮るなかれ!若者のアイデアが光る、平休共に430円のコスパ最強銭湯!…ただ…老朽化には勝てないよなあ…。

近隣店舗
表示する

この記事がお気に召しましたら
いいね ! お願いします。

私がレポートしてます
ogaharu
ogaharu
子供のころからお風呂好き。長風呂し続けて生きてきました。 温泉から町の銭湯までなんでもどこへでも!!若者ノリでレポします!!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。